設備設計


    

ZEB(Net Zero Energy Building)をめざす建築設備設計

2020年10月、日本政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、カーボンニュートラルを目指すことを宣言しました。
「排出を全体としてゼロ」というのは、二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの「排出量」 から、植林、森林管理などによる「吸収量」 を差し引いて、合計を実質的にゼロにすることです。
ZEBとはNet Zero Energy Buildingの略で快適な室内環境を実現しながら、建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物のことです。
私たちは、このZEBを実現する建物を設計するために、建築設備の省エネルギー技術の向上を目指して日々研鑽しています。

ZEB受注実績[2022年度]

ZEBその他の設計業務の受注実績

建物規模 実績件数
大規模(2.000㎡以上)・新築 0件
中規模(300~2.000㎡未満)・新築 0件
小規模(300㎡未満)・新築 0件

ZEBコンサルティング業務の受注実績

建物規模 実績件数
大規模(2.000㎡以上)・新築 6件
中規模(300~2.000㎡未満)・新築 7件
小規模(300㎡未満)・新築 5件

ZEB受注実績[2021年度以前]

三重県 某病院新築工事 RC造+木造/3F 15,024㎡ 2020年7月31日、令和2年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金交付決定。(一社)環境共創イニシアチブ

建築設備設計項目

1. 機械設備設計・積算

1-1 空調設備設計
1-2 換気設備設計
1-3 給排水衛生設備設計
1-4 消火設備設計
1-5 水処理設備設計

2. 電気設備設計・積算

2-1 受変電設備設計
2-2 幹線設備設計
2-3 照明コンセント設備設計
2-4 各種弱電設備設計
2-5 防災・機械警備設備設計
2-6 太陽光発電設備設計

BIM(Building Information Modeling)のCADを使用し3次元モデルを作成しながら設計を行っています。

3次元モデル作成のメリットは

1 客先に対しては視覚的に設備の内容を理解してもらえる。
2 建築、構造、機械設備。電気設備の干渉を正確に把握できる。
3 数量の拾い出しが自動で行うことができ、コスト管理が容易にできる。
4 静圧計算・揚程計算を自動で行うことができる。
5 CFD(コンピューター気流解析)利用へのベースデーターとなる。
6 施工管理、保守管理へと引き継ぎ利用ができる。

など多々あります。
今後のBIMの利用方法としては、さらにAIを利用した自動設計、省エネ計算の自動化などその拡張性に期待しその利用価値を最大にしていきたいと考えています。
使用ソフト:Rebro(NYK社)